リヴィエール

株式会社九州三共

MENU

リヴィエール八幡中央ヴェリエ タイル引っ張り試験

リヴィエール八幡中央ヴェリエ 2017年11月10日

リヴィエール八幡中央ヴェリエでは11/9にタイル引っ張り試験を行いました。

引っ張り接着の基準強度は陶磁器質タイル張りの場合・・・引張接着強度 0.4 N/mm2以上は国土交通省の公共建築工事標準仕様書(建築工事編)で記述があります。

表示された破断荷重を以下の計算式に当てはめて単位面積あたりの接着強度を算出します。

検査する場所はマンション内のタイルを張っている面から当社が指定しに検査場所を選択します。当物件では6箇所検査をしました。

今回は9階x3面、14階x3面で検査を実施しました。

2017111008176f1b.jpg2017111008212cc5.jpg2017111008250a0b.jpg2017111008259ae8.jpg2017111008252caa.jpg2017111008268ab4.jpg

基準である0.4 N/mm2という数値から低くて3倍、高くて6倍の数値がでています!

同時にタイル打診検査も全数行いました。

201711100830b267.jpg

リヴィエール八幡中央ヴェリエは好評分譲中となっております。

マンションに興味のある方は是非マンションギャラリーまでお気軽にお問い合わせください。

リヴィエール八幡さくら通りヴェリエ:093-616-8992