リヴィエール

株式会社九州三共

MENU

ベイステーション小倉地鎮祭+杭工事

リヴィエールベイステーション小倉 2020年12月01日

リヴィエールベイステーション小倉では地鎮祭を行いました。

DSC00126.JPG

快晴になった、この日は蒲生神社の神主を招いて地鎮の儀を行いました。

DSC00130.JPG

この写真に写っているものは玉串です。神道の神事において参拝者や神職が神前に捧げる紙垂や木綿をつけた榊の枝のことです。

DSC00132.JPG

降神(こうしん)の儀を行い、祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式を行い、 献饌(けんせん)神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式を行っています。

DSC00135.JPG

DSC00140.JPG四方祓いの儀に神主に現場所長も同行します。

DSC00142.JPG

DSC00144.JPGいよいよ着工です。

地鎮祭から約10日後工事の着工のため杭打機をするための重機が現場に入ってきました。

DSC00172.JPGこの写真は地質調査報告書の写真です。地質調査報告書には地層の形状や地盤の状態などの情報をまとめた柱状図が添付されています。この柱状図を元に構造計算を行い物件計画を行っています。

DSC00177.JPGこの写真は地質調査報告書の中にある柱状図です。N値60という非常に硬い地盤に杭が到達する設計となっています。

DSC00176.JPG杭先端の土質(右)と地質調査報告書と一緒に保管していた土質標本(左)の突き合わせを行います。非常に硬い岩のような地層まで到達していることがわかります。

DSC00181.JPGこの写真は孔壁測定の結果です。杭の先端は拡底と呼ばれる底を大きくすることで杭先端支持力が増大させることが可能となります。

DSC00183.JPG非常に硬い岩のような地質が底にあるため、オールケーシング工法を採用しています。オールケーシング工法は当社のリヴィエール中央町ミリアでも行っています。

DSC00190.JPGリヴィエールベイステーション小倉では、現在物件企画中です。ご興味のある方は九州三共本社(093-531-4881)までご連絡をお願い致します。